けんた鍼灸院 けんたの一言

けんた鍼灸院(はりきゅういん)院長のけんたです。けんた先生と呼ばれます。
静岡県島田市菊川で、はり・きゅう・整体治療をしています。
このブログでは、日々起こったこと、治療について、日常生活について、その他気になったことなど何でも書いていきます。
<< 連続586言目 静岡人カレー | main | 連続588言目 明日ビューフェvol.11 >>
連続587言目 坐骨神経痛について
0
    こんばんは!

    けんた鍼灸院、院長のけんたです。

    島田市で鍼灸、整体ならけんた鍼灸院に

    ご相談ください!



    今日は坐骨神経痛についてのお話です。

    坐骨神経痛というと、お年寄りの

    イメージがあるかもしれません。


    それは、当たっている部分と

    間違った認識とがあると思いますが、

    当たっていると思う部分は、

    確かにお年寄りの発症数は多いと

    私も思うということ。


    そして、間違っていると思う部分は、

    若い方でも坐骨神経痛になることがあると

    いうことです。



    さて、坐骨神経痛とは何かというと

    坐骨神経という神経が圧迫されたり

    して神経の領域である足やおしりなどに

    痺れや痛みが起こる神経痛のことです。


    簡単に言うと、坐骨神経の領域の

    腰から下のお尻や足の痛みのことです。



    原因は、

    ・腰部椎間板ヘルニア

    ・腰部脊柱管狭窄症

    ・梨状筋症候群


    などです。


    この中でも病院に行くとレントゲンを

    撮ってみてヘルニアや腰椎の間隔が

    狭くなっているということを

    言われることも多いと思います。


    私のところに来られる方で、

    レントゲンを撮って腰椎の間隔が

    狭くなっていると言われた方が

    いらして、数度の治療で楽になり

    その後にレントゲンを撮っても

    写真では大きな変化が見られないことも

    あります。



    つまり、骨の変形やヘルニアだけが

    原因ではない可能性が結構高いという

    事です。


    坐骨神経痛の方は足が冷えている方が

    多く、血液循環が悪くなっていることが

    あります。

    神経にも血液が流れていて栄養を

    送っているのですが、血管が圧迫されて

    流れが悪くなるとそれも神経痛を起こす

    原因になります。


    ヘルニア、狭窄症は背骨付近で神経を圧迫する

    病気ですが、梨状筋症候群はお尻の辺りで

    神経を圧迫します。


    坐骨神経痛の方で、腰にはそんなに

    違和感は無いけどお尻が結構痛いという方は

    梨状筋症候群の可能性もありますので、

    湿布や痛み止めを飲んでいてもあまり


    効果が感じられない方は、

    一度ご相談いただければと思います。

    今日は坐骨神経痛についてでした。



    けんた鍼灸院ホームページはこちら!
    けんた鍼灸院のホームページ

    ブログ けんたの一言購読者100人計画
    ブログを読んでくださる方、ご協力ください!
    ブログ・メルマガ登録フォーム


    けんたの自己紹介記事はこちら
    けんたの自己紹介ページはこちら

    ではまた明日!

    メールアドレスを入力してください:

    配信: FeedBurner

    | けんた | けんた鍼灸院関連 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.kenta-harikyu.com/trackback/910
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + いいね押してください!
    + アクセスカウンター
    + Amazon
    + けんた鍼灸院公式LINEアカウント
    +  
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE